厚木での一戸建ての費用

厚木での一戸建ての総費用について

厚木での一戸建ての建築費用などを含む総費用は、土地を購入する必要があるかどうかでも変わってきます。

もしその土地がもともと農地つまり田んぼや畑だった場合には、その元々の所有者から売買などで譲ってもらう際に対して農地法での許可がいりますので、農地法5条の農地転用許可をもらう関係の費用負担も求められる可能性は高いと言えます。

厚木でも郊外に出れば田んぼや畑などの農地はまだまだあります。

そのため、こうした土地を購入してその上に住宅を建築する際には、土地代は農地が休耕田だった場合には使用していないわけですからあまり高額にはならないでしょうし、もし現在も耕している場合には相応にその補てんを考えなければいけなくなりますので、その補てん費用を交渉してその分の負担をしなければならなくなります。

この土地を確保する費用も含めれば総費用はその分高額になると考えられます。

こうして一戸建てを建築するための土地を確保した後にいよいよ一戸建てを建築するという流れになりますが、一戸建てを業者にすべて任せるのと、注文住宅のように中のレイアウトをある程度は注文を付ける場合とでもその総費用は変わってきますので、建築する際にはよく考える必要があります。

安くてそこそこの住宅でもよいのであれば総費用を結果的に抑えることができますが、逆に住宅のレイアウトなどにも建築業者にいろいろ依頼したい場合にはその分設計業者に考えさせ、建築士に設計を考えさせるためにその分の費用が上乗せされる可能性が高くなりますから、結果的に一戸建ての建築費用は高額になりやすくなります。

厚木での建築業者はさすがに大都市ですから多くの業者がいます。どの業者に依頼するのかによっても住宅のコンセプトが違うために、好みの住宅を建ててもらうためには自分好みの住宅を建ててくれる業者を選ぶ必要があります。

高負担高物件を選ぶのか、そこそこの負担でそこそこの住宅にするのかなど、様々な条件によって変わってきますから、信頼できる業者に依頼することが重要であると言えます。

大手の業者であれば相応のノウハウを蓄積していますから、もし無難に済ませたい場合つまりそこそこの負担でそこそこの住宅でよい場合には、今までの建築に関するノウハウが多い大手の業者を選ぶことが無難となります。

建築する際には建築費用のためだけに持っている資金をすべて投入するのは危険です。その後の生活費用は税金用に残しておくことも重要です。”