タイミングを知る

交通事故の後に弁護士に依頼するタイミングを知っておこう

交通事故にあった時には、弁護士に相談をして慰謝料や損害賠償に関する対策を考えていかなくてはなりません。慰謝料や損害賠償に関する権利も民事的な請求権なので、請求できるときにやっておかないと権利を使うことができなくなります。弁護士に相談するタイミングは交通事故を起こしてすべての聴取を終えたあとになりますので、慌てて弁護士に相談する必要はないということを知っておきましょう。

そもそも、交通事故に巻き込まれた時にはそれが本当に事故なのかそれとも事件性がないのかを確認してもらわなくてはいけません。こうしたいわゆる捜査に関しては弁護士が行うのではなく警察が行うことになります。そのため、交通事故があった時にはまず加害者の方から警察に連絡をして、加害者が連絡ができない時には被害者や周囲の人間が連絡をすることになります。

そして、実際に警察が来た時には捜査が始まって事故の当事者にも聴取がされますので大人しく従いましょう。この段階で、アルコールや薬物などに関する一方的な過失があったときにはその人が逮捕されることになるので慰謝料や損害賠償は刑事事件と平行して考えていかなくてはならなくなります。両者ともに故意やそれに伴う事件性がなかった時には、警察で事故を証明する書類を作って貰うことになりますので基本的にはこの証明書類を作ってもらった段階で弁護士に相談すると良いでしょう。

怪我をした時には、確かに病院などに言ってどのくらいの被害を受けたのかなどを証拠として集めておかなくてはいけませんが、これはあくまでも証拠として集めるだけなのでこれが事故を証明するための行動になるわけではありません。事故として処理して慰謝料や損害賠償を請求するためには、あくまでも公的機関にそのことを証明して貰う必要がありますので、この証明書を作ってもらったタイミングで相談することがベストであると言えるでしょう。治療費や治療にかかった日数などの証明はその後に行えば十分間に合います。

交通事故は、一般的な民事上のトラブルと刑事事件に発展する刑事上のトラブルと二つの側面を持っています。事故があった時には必ず警察に通報して状況を確認してもらわなくてはいけませんので、その点に関しては間違えないように注意をしておきましょう。特に、交通事故の直後に関しては関係者ともに正常な精神状態でいられなくなってしまっていますので、正しい行動をすることが非常に重要になります。