耐震について

厚木での一戸建ての耐震について

厚木での一戸建てについて、新築の場合はともかく中古物件を購入する場合には気を付けるべき点があります。その新築年月日が昭和57年よりも後かどうか、それ以前の新築の場合にはまだ建築基準法などの関係法令がそれほど厳しくなかった時期のために耐震面を含む対応が十分でないまま建築されている可能性があります。

これは何も厚木だけの話でないですし、また一戸建てだけの問題でもありません。ビルやマンションなども同様に言えます。ただし、ビルやマンションなどは耐震補強工事がなされていない場合には、行政たとえば消防や建築許可を出す部署などからある程度の指導入る場合があり、倒壊するよりはと対策を講じている場合も多くあります。

たとえば私有ではありませんが、公立の学校などで窓側に鉄骨を斜めに入れていることなどが耐震補強工事としてよく目にする光景になります。一戸建ての場合はこうしたあからさまな補強はしにくいのですが、中古物件の場合には内部構造に手を加えるとか何らかの対策をしている物件もあります。

これから厚木に一戸建てを新築する場合には当然ですが関係法令に従って業者も施工、工事しますので、地震が来たからと言ってすぐに倒壊するような一戸建てを新築するとは考えられませんが、建物はともかく土地の地盤の問題があります。

川沿いや海沿いなどの場所はかつては干拓地であったりあるいはそもそも海だったりして、その地盤が固くない可能性があります。

当然ですがそれまでにある程度の地盤補強をしているはずですが、地震などの際には場所にもよりますが場合によっては液状化現象などにより建物の倒壊の危険性が指摘されていますから、そういったことにもしっかりと考慮の上で一戸建ての建築をする必要があります。

もし、もともとの土地がどうだったのか気になる人は、その不動産を売却してくれる業者あるいはその業者が仲介の場合は、もともとの売り主に聞いてみる方法もあります。地盤強化の対策をとっていることなどはその際にしっかりと聞き出しておいて確認をしておくことが重要です。また、不動産仲介業者や売却業者側からしっかりと先に説明をしてもらえる場合もあります。

業者側にはその土地を売る以上、地震なその自然災害に備えての予備知識として、その土地がどういったところだったのかをある程度は説明する義務があります。もちろん業者が購入するときにその由来を知らない可能性もあります。

その場合でもある程度は聞いている可能性もありますので、確認してみることは大切です。”