仲介手数料を考える

厚木で一戸建てを購入する場合の仲介手数料

一戸建てを購入する際には、不動産業者が直接販売している新築分譲物件と、仲介物件として販売している中古物件があります。

厚木で中古の一戸建て住宅を購入する際には不動産業者から物件の紹介を受けることになりますが、物件の紹介を受けることを仲介と言います。仲介してもらった場合には不動産業者に対して一定の費用を支払う必要がりますが、その費用を仲介手数料と言います。

仲介手数料は不動産業者の利益となる部分ですが、通常は購入者と売却者の両方が支払うのが普通です。手数料の計算方法は定められたものがありますので、基本的には不動産業者によって変わるものではなく、すべての業者が同じ基準で算出しています。

厚木で一千万円の一戸建てを購入した場合には40万円程度の手数料が掛かりますので、一戸建てを購入しただけで販売価格の他にも高額な費用が必要となります。

厚木で一戸建て住宅を購入する際には、予め手数料を自己資金として準備しておくか、余裕を持った融資を行う必要があると言えます。仲介手数料は売却者も購入者も両方が負担するものですが、最近では無料で仲介を行う業者も存在しています。

購入者からは取らず売却者しか手数料を負担しない形態となっていますが、経済的に購入することができるため売却者としてもメリットが多くなります。不動産業者は仲介物件が売れなければ利益が上がりませんし、売却者もなかなか売れない状況ではその後の計画が立てにくくなります。

不動産は早期に売却を目指すのが普通ですから、売れやすい物件にするためには購入者から手数料を取らない方が良いのです。最近では仲介手数料を無料とする不動産業者が出てきたため、購入者には求めやすい状況が出てきています。

購入しやすい環境は裏を返せば売りやすい状況となるため、売却者にもメリットが出てくるのです。手数料を無料としている不動産業者はほんの一部でしかありませんので、すべての業者が行っているものではないことは間違われない部分となります。

仲介手数料が無料の物件を購入したい場合には、無料で提供している業者を選ぶ必要がありますので、物件を選ぶより先に不動産業者を選ぶ流れとなってきます。

一戸建て住宅は1棟ごとに間取りも違いますし劣化の状況も異なりますので、良い物件があればすぐにでも契約しなければ購入することができなくなります。魅力の高い物件は足が速いため、手数料を気にせずに選ぶことも大切なのです。”