成功報酬

交通事故における弁護士への成功報酬の考え方

交通事故の相談を弁護士に行う際には、どのような費用を支払えばよいのでしょうか。交通事故に関する相談費用については、幾つかに分けることができるのでまずそれぞれの費用に関してしっかりと計算しなくてはなりません。特に、交通事故については示談交渉で示談金を相手から引き出さなくてはなりませんので、それに伴う費用に関してもしっかりと考慮する必要があります。

弁護士に何らかの法律相談を行う際には、まず相談料金というものがとられます。この相談料金は、原則として時間によって支払われることになるので法律相談に時間がかかるほど料金も多くなるシステムであるため知っておきましょう。基準としては30分で5000円という費用が相場となっているので最低金額としては5000円以内で抑えることが出来ます。
次に必要になるお金が、弁護士が何らかの法律的な事務手続きをする際に必要になるお金です。

こうしたお金は着手金と呼ばれており、交通事故の相談をするときにも着手金は必ず支払わなくてはなりません。着手金は状況によって金額が異なりますが、大きい時には数十万円のお金が必要になるので事前の弁護士に費用を聞いておく必要があります。

そして、交通事故で最も費用が必要になるのが成功報酬である示談や裁判に関してかかるお金です。示談や裁判が行われるときには、相手から出来る限りのお金を請求することを目指して話し合いを進めていくことになります。当然ですが、話をうまくまとめることが出来ず、結果的に相手の提案する示談金で話をまとめられてしまった時には依頼人の要求に応えることが出来なかったため、依頼人からはそうした示談の要求を拒否することも出来ます。そのような場合には、実際の交渉は決裂しているわけですから成功報酬を弁護士に対して払う義務はありません。

重要なのは、話し合いに成功してお金がきちんと払われた場合です。基本的に、成功報酬に関しては交渉をする前から示談金や裁判における慰謝料の何%をもらうかを決めておくことになるので、予め決めておいた金額が報酬として弁護士に支払われることになることを知っておきましょう。

交通事故に関連する成功報酬についてはこうした示談や裁判における慰謝料のみで、他に関しては相談料金や着手金が全てです。示談や裁判にかかる費用についても後から成功報酬として払えば良いので、その点に関しても弁護士と事前に話し合いをしておくことが大切になるでしょう。