購入の注意点

厚木の一戸建てを注文住宅で購入する時の注意点

厚木で一戸建てを購入しようと考えた場合、注文住宅という選択肢が浮かぶことがあるはずです。しかし、注文住宅にはメリットとデメリットがあります。それらをしっかりと考慮した上で、選ぶことが大切になるのです。

まず、デメリットとしては、とても手間がかかるということです。時間も手間もかかります。業者も自分たちで選ぶ必要がありますし、間取りなどの打ち合わせが何度も行われます。また、金額も建売住宅よりは高くなります。そのため、忙しい人や予算が少ない場合にはあまり向いていません。厚木で建売されている一戸建てを購入した方が良いでしょう。

しかし、これらのデメリット以上に、厚木で一戸建てを注文住宅で建てる大きなメリットとしては、自分たち家族の構成にあった住宅を建てることが出来るということです。

部屋数や水回りの設備機器、間取り、外観も、すべて自分たちで選ぶことが出来ます。もちろん、ハウスメーカーに依頼した場合、注文と言っても、フルオーダーではなく水回りなども条件の中から選ぶことがありますが、それでも、建売である分譲住宅よりは自由性があります。

もちろん、自分で工法なども選ぶことが出来ます。気にいった住宅地があっても建売の一戸建ての場合は工法も選べませんが、注文の一戸建ての場合は好きな工法で建てることが出来るのです。工法によって家は大きく異なってきます。木造軸組、鉄筋、パネル工法などです。

木造軸組は昔ながらの日本家屋に向いていますし、地震に強い家が欲しければ鉄筋が強いでしょう。パネル工法は輸入住宅に多いため、おしゃれな洋風の家を建てたい人に向いています。

業者と工法を選ぶためには、モデルハウスや現場説明会に参加することが大切です。しっかりと参加し、疑問点などはスタッフに質問するようにしましょう。

また、業者と工法が決定し、設計の段階に入ってきたら、設備機器のショールームに行くようにしましょう。キッチン、浴室、洗面所、トイレ、フローリング、窓サッシ、玄関ドア、壁紙など、様々なものがあります。それらのショールームに行って実物を見て確認することが大切です。

壁紙などは標準の白いものを言われるまま選んでしまいがちですが、きれいな柄の壁紙を選んでもそれほど値段はあがりません。きれいな柄の壁紙でインテリアを楽しむことが出来るのも、注文住宅ならではの楽しみなので、しっかりとショールームに行って見学するようにしましょう。”