注意点

弁護士に交通事故の損害賠償の相談をするときの注意点

弁護士に交通事故によって生じた損害の賠償請求を依頼するときには、損害賠償請求権という特別な権利を行使します。損害賠償請求は、特に自動車同士の事故で被害者に過失がなかった時に認められる請求権なのですが、根本的に慰謝料請求などの被害者自身の苦痛とは別個の考え方によって成り立っているということを理解しておかなくてはなりません。

交通事故では、大きく分けると被害者の権利として慰謝料請求と損害賠償請求という二つの権利を行使することが可能になります。
慰謝料請求は、法律上では被害者が受けた精神的な苦痛を金銭に換算したものであると解釈されていますが、この精神的な苦痛の受け取り方は一つではありません。額面上通りの精神的な苦痛だけではなく、例えば交通事故によって肉体的な苦痛を受けたことによって精神的な苦痛を受けた時であっても高額な慰謝料を請求することが可能です。

この場合には、肉体的な損失を治療するためにかかった治療費や治療期間も計算に入れて慰謝料を請求することが出来るようになりますので、弁護士に詳しく計算してもらってから請求することが重要です。そして、慰謝料請求の大きな特徴として請求金額の限界が法律的には存在しないということです。精神的な苦痛やその感じ方に関しては人それぞれで千差万別に存在しますので、これを一つの基準でまとめてしまうのは不公平であるといえます。

そのため、法律的な請求金額に限界はないので請求した金額が全額手元に入るかは別問題として、請求するだけならばいくらでも請求することが可能なのが慰謝料請求の大きな特徴であるといえます。

一方で、交通事故に関連する損害賠償では一般的な弁償と同義と捉えられています。交通事故における損害というのは、つまり自動車の物的な損害のみを意味します。被害者がこの権利を行使するときには、自動車の破損の程度で金額を請求することができるので慰謝料のように高額な要求をすることが出来るわけではありません。100万円の損害が生じた場合にはその100万円の損害を相手から保証してもらった時点でその請求は終わりとなります。そのため、弁護士に相談を行う際にも自動車の物的損害がどの程度なのかをしっかりと依頼人の方から領収書などで証明しておくことが大事です。

交通事故の権利は、その場の状況によって大きく変わることは普通であるため実際に権利を行使しようと考えている時には勝手な判断ではなくよく弁護士と相談しておくことです。