土地の広さ

厚木にて一戸建てを注文するのに土地の広さに悩む

厚木に引っ越す予定があって、それまで少しばかり時間もあるしそれ以降は異動もないだろうということで、これを機会に初めてのマイホームを建てることにしたんです。

それで家を買うということから勉強し始めて、建売の一戸建てもいいけれど、どうせ買うなら自分達の好みを反映させた愛着ある我が家にしようと考え、土地から買って、その上に好きな一戸建てを建てることにしました。

厚木で土地を探すためにまずは不動産屋へいき色々話を伺うと、違う視点からの話も聞けて大変有意義。まずは土地と思っていたけれど、一戸建てを建てる広さに決まりなどなく、なんとなく30坪と思っていましたが、建築方式により一戸建てそのものの内容面積は広さが取れても土地は狭くても大丈夫、などのやり方もあると判りました。

一戸建てに対してかかる税金と土地に対してかかる税金は勿論違うし、相場も変わってきます。家は設備や材料、その建てる人の腕でお金も代わりますが、場所、地面そのものの値段は相場があって1坪辺りの値段が決まっているのでその広さによって金額が上下するのです。

厚木の値段はそれほど高額というわけではありませんが、それでもやはり便利な位置にある町なので1坪当たりの単位は考えていたより高めでした。ですから沢山場所を買って家を建てようと思うと、どうしても家にまわすお金が減ってしまうと判ったんです。

それからはそんなに広さはなくてもいいから住みやすい、便利な家にしようと家族で意見がまとまりました。固定資産税など年にかかってくる税金のことなどは正直頭になかったので発見させて下さった不動産屋に感謝です。

広さがそんなになくても掃除がしやすく、光・風ともによく入り、家族の会話が確保できる一つの大きめの部屋、それからある程度のプライバシーを確保できる部屋を人数分、それを20坪ほどの場所に建てることが出来るかどうかが建築会社との相談のポイントでした。

あちらはプロで経験も豊富なので、こちらが思いもしなかった方法を提案して下さったりと親切で、その度にここは削れるか、などの話し合いを重ね結果的には形を変えても全ての要求を呑んで下さりました。

一戸建てを建てる時には自分達の好み、要望を予めハッキリさせておくこと、それが大切です。その上で、専門家である相手のアドバイスもよく聞き、場所に精通している不動産屋の地元の人にも相談して決定までいくのが良いのだとわかりました。”